ブログ収益化

ConoHa WINGとエックスサーバーを徹底比較!レンタルサーバーの選び方を解説

レンタルサーバー

ワードプレスブログを始めたいんだけどレンタルサーバーはConoHa WINGとエックスサーバーどっちがいいんだろう?

最初はどちらを選べばよいのか迷いますよね。ただ、スマホを買うときにdocomoかSoftBankかを選ぶようなものなのであまり悩みすぎる必要はありませんよ。

エックスサーバーとConoHa WINGはどちらも人気のあるレンタルサーバーです。

正直、ブログ初心者であればどちらを選んでも大きな差はありません。

とはいえ、やはり細かいサービスの違いはありますので、本記事ではレンタルサーバーを選ぶときの基準となる項目について徹底比較していきます。

本記事を最後まで読んでもらえれば、あなたにあったレンタルサーバー選びができて快適なブログライフを始めることができますよ。

それでは早速みていきましょう。

公式サイトで詳細を見る人はこちら

ConoHa WINGとエックスサーバーはどっちがいい?

レンタルサーバー

結論は以下のとおり。

ConoHa WINGとエックスサーバーの比較表

サーバーを選択するときに基準となる比較項目をみていきます。

※スペックが同レベルの項目などは記載を省略しています

比較項目 エックスサーバー
(X10プラン)
ConoHa WING
(WINGパックベーシック)
運営実績 運営会社 エックスサーバー株式会社 GMOインターネット株式会社
運営期間
国内シェア
サーバー処理速度 ストレージ
オールNVMe RAID10

オールSSD RAID10
料金・ランニングコスト
(12ヶ月契約の場合)
無料お試し期間
10日間

初月無料(最大31日間)
学割 ×
なし

あり
独自ドメイン
キャンペーン時は無料

無料
初期費用

×
3,000円


無料
利用料
1,000円/月

900円/月
自動バックアップ サーバー領域
(Web・メールデータ)

7日間

14日間
MySQLデータベース
14日間

14日間
バックアップデータの提供 サーバー領域
(Web・メールデータ)
×
5,000円/回

無料
MySQLデータベース
無料

無料
WordPress移行代行(1サイト) ×
30,000円

9,980円
WordPressテーマ提供
×
なし

Cocoon・SANGO・JIN
公式サイト エックスサーバー ConoHa WING

※スマホは右にスクロールできます

ブログをはじめて開設する人であれば、エックスサーバーは「X10プラン」、ConoHa WINGは「WINGパックベーシック」で十分です

1つずつ解説していきます。

【ConoHa WING vs エックスサーバー】運営実績

  比較項目 エックスサーバー ConoHa WING
運営実績


運営会社 エックスサーバー株式会社
GMOインターネット株式会社
運営期間
国内シェア

エックスサーバーの運営会社はエックスサーバー株式会社で2003年にレンタルサーバーを事業開始、一方のConoHa WINGの運営会社はGMOインターネット株式会社で2012年にレンタルサーバー事業を開始しています。

16年以上の安定した実績から、当然ながら国内のシェアはエックスサーバーに軍配があがっています。

ですが、ConoHa WINGの評判は抜群に良いので今後は国内シェア争いに加わってくると考えられます。

【ConoHa WING vs エックスサーバー】サーバー処理速度

  比較項目 エックスサーバー ConoHa WING
サーバー処理速度
ストレージ
オールNVMe RAID10

オールSSD RAID10

エックスサーバーは全てのストレージで次世代の高速接続インターフェース「NVMe」に対応。

オールSSDと比較するとその読み込み速度は最大で約14倍なので、高速かつ安定したサーバー環境という点ではエックスサーバーが優勢です。

エックスサーバー公式サイトより引用

ただし、ConoHa WINGはブログ界で有名なヒトデさん、サンツォさん、マクリンさんもそのサイトスピードや使い勝手の良さを評価していますし、ConoHa WINGが遅いというわけではありません。

>> ConoHa WING導入事例インタビュー

「速度が早い!」というConoHa WINGの口コミも実は多数あります。

【ConoHa WING vs エックスサーバー】料金・ランニングコスト

  比較項目 エックスサーバー
(X10プラン)
ConoHa WING
(WINGパックベーシック)
料金・ランニングコスト
(12ヶ月契約の場合)

無料お試し期間
10日間

初月無料(最大31日間)
学割 ×
なし

あり
独自ドメイン
キャンペーン時は無料

無料
初期費用
×
3,000円

無料
利用料
1,000円/月

900円/月

ブログをはじめて開設する人であれば、エックスサーバーは「X10プラン」、ConoHa WINGは「WINGパックベーシック」で十分です

費用面に関してはConoHa WINGが以下の点からも圧勝です。

申し込み月は無料(1日に申し込んだ場合、最大31日間無料)

エックスサーバーの無料お試し期間は10日間

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生は学割が使える

学生は学割クーポンを使ってConoHaカードを10%OFFで購入することができます。

エックスサーバーには学割はありません。

ただでさえ安いのに学割を使えばさらに10%OFFで利用できちゃいます。

独自ドメインが永久無料

ConoHa WINGはWINGパックで契約すると独自ドメインを無料で取得することができます。さらに通常ドメイン更新料が必要なところ、WINGパックを継続する限り更新料も一切不要。永久に無料で独自ドメインを利用できます。

エックスサーバーは独自ドメインが無料になるキャンペーンをよく開催しているので公式サイトでご確認ください。
>> エックスサーバー公式サイトでキャンペーンを確認する

初期費用0円、利用料も900円と業界最安クラス

WINGパックベーシックの12ヶ月契約だと初年度の費用が10,800円(税抜き)なのでエックスサーバーよりも4,200円もお得

エックスサーバーのX10プランの12ヶ月契約は初年度の費用が15,000円(税抜き)

とにかく費用を抑えたい人はConoHa WINGですね。

【ConoHa WING vs エックスサーバー】サービス

  比較項目 エックスサーバー ConoHa WING
自動バックアップ

サーバー領域
(Web・メールデータ)

7日間

14日間
MySQLデータベース
14日間

14日間
バックアップデータの提供
サーバー領域
(Web・メールデータ)
×
5,000円/回

無料
MySQLデータベース
無料

無料

WordPress移行代行(1サイト

×
30,000円

9,980円

エックスサーバーもConoHa WINGもWebサイト、メール、データベースのデータを1日1回自動でバックアップの作成をしてくれるのは同じ。

ただし、エックスサーバーはサーバー領域の保存期間は7日間でバックアップデータの提供依頼に1回5,000円かかります。

一方のConoHa WINGは全データの保存期間が14日間でリストア時のデータ提供も無料

また、他社のサーバーから乗り換えを行う場合は自分でやるのもいいのですが、データ消失などのリスクもあるのでプロに任せるのが賢明です。

このWordPressの移行代行費用がエックスサーバーは30,000円もかかるのに対してConoHa WINGなら9,980円です。

サービスやサポートについてもConoHa WINGの勝利ですね。

【ConoHa WING vs エックスサーバー】テーマ

  比較項目 エックスサーバー ConoHa WING
WordPressテーマ提供
×
なし

Cocoon・SANGO・JIN

ConoHa WINGではWordPressテーマの提供も行っています。

主なメリットは以下の2つ。

  • ConoHa WINGのコントロールパネルからテーマのインストールや変更が簡単にできる
  • 通常の購入価格よりお得に購入できる

ConoHa WING提供テーマ

テーマをSANGOかJINにしたいならConoHa WINGでセット購入がおすすめです。

ConoHa WINGとエックスサーバーの口コミ・評判

レンタルサーバー

世間の口コミを集めてみました。

ConoHa WINGの悪い口コミ

まずは悪い口コミから。

ConoHa WINGの悪い口コミはほとんど見当たりませんでした。

ConoHa WINGの良い口コミ

次はConoHa WINGの良い口コミです。

サイトスピードの速さを褒める口コミが多かったです。

エックスサーバーの悪い口コミ

続いてエックスサーバーの悪い口コミをみてみます。

運営期間が長いので障害やサイトスピードに対する不満もいくらかはありますね。

エックスサーバーの良い口コミ

最後にエックスサーバーの良い口コミです。

サポート対応がよかったという口コミが多いように感じました。

ConoHa WINGとエックスサーバーの徹底比較まとめ

レンタルサーバー

今回はConoHa WINGとエックスサーバーについてその特徴を比較しました。

最後にもう一度、選び方についてまとめておきます。

安心できるサポート体制で選ぶかコストで選ぶかですね。

どちらも信頼できるレンタルサーバーです。

迷うようであれば初心者には初期投資を抑えられるConoHa WINGをおすすめします。

\安くて高速!ブログ初心者におすすめ/

ConoHa WING公式サイト

レンタルサーバーが決まったら早速ワードプレスブログを開設しましょう!

>> WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を50枚の画像を使ってわかりやすく解説!【初心者でも簡単】

人気記事 【2020年】WordPressおすすめテーマ有料5つ+無料1つ【裏技つき】

人気記事 ブログアフィリエイトのおすすめツールとサービス10選【初心者はまずはこれを揃えよう!】

\この記事はどうでしたか?/

-ブログ収益化
-,

© 2020 Yuta Life Blog Powered by AFFINGER5